『関ヶ原』関連の書籍を読んでいると、最もストレスを感じる大名は毛利ではないでしょうか?大きく2つの要因が挙げられるかと思います。

 

 ・本戦不参加で、南宮山の西軍を無力化した吉川広家・毛利秀元。

 ・関ヶ原本戦の敗戦後、一戦も交えず早々に大坂城を退去した毛利輝元。

  

結局、家康に本領安堵を反故にされ、40万石に大減封されます。

西軍支持者にとって、その判断・行動は許し難いものとなっているようです。

 

毛利輝元の行動

西軍の総大将でありながら、毛利輝元の消極性は一体何なんでしょうか。

『戦略眼がない』『無能』等と言われますが、これらは消極性による結果を評価したものであり、根拠ではありません。 

一方で、実は輝元が積極性を見せている局面があります。

それは本国周辺(瀬戸内・北九州)です。

 

 ・阿波占領 ・・・ 蜂須賀家政は剃髪の上、高野山に追放。

 ・讃岐占領 ・・・ 生駒親正は剃髪の上、高野山に追放。(間接史料のみ)

 ・伊予調略 ・・・ 調略による一揆が露見、藤堂軍はこれを鎮圧。

 ・伊予侵攻 ・・・ 三津浜にて加藤(嘉明)軍の奇襲を受け、村上元吉、曾根景房戦死。

 ・豊後調略 ・・・ 大友家再興を餌に、大友吉統を支援、投入。大友旧臣集結するも、

             細川・黒田(如水)軍に敗れ降伏。

 ・豊前侵攻 ・・・ 伏見城攻撃で被害を受けた西軍 毛利勝信の門司城、小倉城を占拠。

 

輝元自身は、瀬戸内海交易の終点とも言うべき大坂城を占拠し、短期間にこれだけ多方面に展開しています。

四国から北九州に至る瀬戸内エリアの侵攻は、かつて秀吉に奪われた瀬戸内海制海権を奪回する構図であり、非常にわかり易いものです。

これは、西軍の主目的である『家康打倒』から外れた活動であると同時に、『惣無事令』に違反する行為も含まれます(大友吉統の自力救済支援等)。

輝元は、豊臣政権の枠組を無視し、自国権益の拡大を企図していたわけです。

 

西軍である以上、東軍の所領を攻撃する事に違和感はなさそうですが、実は会津征伐に派兵した大名で、(本戦終結前に)本国周辺を侵攻した大名は二家だけです。

毛利家黒田家であり、両家以外は本国を防衛に専念させています。

東西両陣営の主目的はそれぞれ、『家康打倒』 『輝元・三成打倒』であり、戦国期の領土拡張を目的とした戦とは形態が異なっています。

本来の目的から外れ、主戦場から遠く離れた本国周辺への侵攻は、西軍戦略的には無意味です。

東軍・徳川家康とは余りに対照的です。

毛利の瀬戸内エリアへの侵攻は、東軍主力、または関ヶ原本戦に何の効果も及ぼしません。

 

余談ながら、黒田家について触れます。

黒田如水は藤堂高虎に対して、『加藤清正と自分が自力で奪った所領について、これを拝領出来るよう家康に取り成して欲しい』と、関ヶ原本戦結果を知る前に書状を送っています(9月15日付藤堂高虎宛黒田如水書状)。

如水の侵攻目的もやはり領土拡大であり、非常に積極的であった事がわかります。

 

輝元の本命

主戦場の消極性と比較した時、瀬戸内エリアにおける領土拡大制海権確保が、輝元の本命であったと容易に推測できます。

つまり、輝元は西軍総大将でありながら、その主目的は『家康打倒』ではなく、その地位を利用して自国権益の拡大に努めていたという事です。

三成、奉行衆等とは同床異夢というわけです。

 

輝元が、大坂城退去を即断した整合性も取れます。

 ・負けないかもしれないが勝てもしない。

 ・籠城では、領土拡大も瀬戸内海制海権の確保も不可能。

 ・本国周辺の環境は悪化していく。

 ・豊臣家が、東軍支持を表明する可能性大。

 

つまり、『家康打倒』が主目的でない以上、籠城する意味などないという事です。

早めの損切りですね。

寧ろ、見極めの速さを褒めるべきかもしれません。

本領安堵なら御の字です(結果的にダメでしたが)。 

 

誰もが戦乱の長期化を見込んでいたし、輝元は望んでいた事でしょう。

占領地の実効支配は進み、大国ほど有利な環境が整っていきます。

瀬戸内エリアの完全掌握など、頃合を見て徳川と和睦をするシナリオだったのではないでしょうか。

そういう意味で、石田三成としては短期決戦しかなかったのではないかと思います。

なぜなら三成には家康との和睦はあり得ず、西軍勝利後の政権運営を視野に入れた場合、徳川と毛利が入れ替わるのでは意味がないからです。

 

毛利家は地方を制した大手戦国大名です。

秀吉に服従させられた輝元に、秀吉死後も『豊臣家への忠義』というモチベーションを押し付ける事は、そもそも無理があります。

ゆえに、『もっと毛利に気概があれば』的な評価はマト外れと言えます。

上述の通り、輝元は忠義で参戦したわけではありませんし、家康と正面から戦うつもりもないわけですから。


関ヶ原は、単純な東西二極の争いではありません。

大名の数だけ思惑があります。

損得を考えて、日和見しますし、寝返りますし、和睦をします。


毛利は毛利の国益に基づいて参戦したのです。