なにより形だとおっしゃる先生。

 

とにかく絵が描きたい私。

 

鳥の形を模索するにあたって、この私の気持ちは一旦置いておいています。

何故なら、今まで向き合って来なかった(やらなかった)ことをしているのが、今は何だか心地が良いからです。

単に”面白い”という気持ちだけで動いています。

もちろん、絵付けする前提で成形はしていますが、この流れのまま行くと、今までと全く違う加飾方法になるかもしれません。普段は具象に走る私ですが、抽象になる可能性もあるのでは無いかと自分でも気付いています。私にとって抽象の世界は未知の領域な為、一歩引く姿勢になってしまいますが、生地に絵を導かれることが出来たら、なんてほのかな期待もしています。

 

先生は、具象の形はなんら意味が無いとおっしゃっていました。周りの人がなんと言おうが、作者が「こうだ!」と言えば表現したいそれは、それになるのだ。と。

 

 

突き抜けた潔さが、人を惹きつけるのかもしれないと感じました。

 

他に迎合することなく、自分の価値を信じ抜くことというのは、まだ私には中々難しいですが、

 

少しづつ、

少しづつ、

実体感を増やして、これがあたかも当たり前だったかのようになって行ったらいいなぁと思います。